うすい日記

ゆるりと続く日々のできごとを、思いつくままに書いてます。

知らない間に掛け布団カバーが進化していた話

つい最近、掛け布団カバーを新調しました。

最近の掛け布団カバーって、内側が毛布みたいになってたりとか、もふもふしてるものがいっぱい出てたんですね。

全然知らなかったです。

 

今年の冬は寒かった。

全体的な気温とか、そういうのは例年通りだと思うのだけど、寝るときやたら寒かった。

なんか、ベッドに入ってもスースーする。

寝返りをうつとひんやりする。

毛布を出して、お布団と重ねると、そのときはあたたかいのだけど、動くとズレちゃって、結局夜中に寒くて目が覚める。

仕方ないので、毛布はなしにして、暖房をつけたまま寝ていたのだけど、それでもなんか冷える。

 

旦那様と二人、寒い寒い言いながら寝てたのですが、1ヶ月ほど前にベッドルームの模様替えをして、ベッドの向きを変えたら、ピタリとひんやり感がなくなったのでした。

それまでは、出窓のある壁側へ、ベッドを配置していたのですが、どうやらその壁か出窓からの冷気が問題だったようです。

 

今は、その出窓のある壁側に頭側がくるように配置しているのですが、なぜか頭はひんやりスースーしません。うちのベッドはヘッドボードのないタイプなので、壁か窓が原因なら頭が冷えてもおかしくないのですが。

もしかして北枕だったからでしょうか。

何か関係あるのでしょうか…

 

さて、ベッドの向きを変えて脱ひんやりスースーしたわけですが、それでもお布団に入るときの冷たい感じとか、寝返りをうつとひんやりする感じはありました。

 

そしてつい最近、お客様用の掛け布団を探していてたまたま見つけてしまいました。

内側もっふもふの掛け布団カバーを。

他にもマイクロファイバーでふわふわなめらかな肌触りとか。

欲しい!すごく欲しい!と思いつつも、もう春の足音が聞こえるシーズンなので、欲しい色・柄は在庫がありません。

それに、さすがに今から内側が毛布みたいになっているのは、暑いかもしれない。

悩んだ挙句、毛足の短いマイクロフリースのカバーにしてみました。

もっふもふのは、また来年、気に入ったものを買うことにしよう。

 

その夜、一足先にベッドルームに向かった旦那様の声が聞こえてきました。

「あったかい!!なにこれ布団があったかい!!」

今更だけど買ってよかったマイクロフリース。

気持ちいいです。あったかいです。

旦那様に「なんで最初からこれにしなかったの」と言われましたが、知らなかったんです、布団カバーがこんな進化をしていたなんて。

 

今年の我が家のベッドは寒かった。

ギリギリだけど、ちょびっと間に合ってよかったです。

 

ちなみに、探していたお客様用の掛け布団は、どうせ一晩だけだし、誰かに借りればいいかなーと思えてきてまだ買ってません。