うすい日記

ゆるりと続く日々のできごとを、思いつくままに書いてます。

わたしがインスタの「いいね!」をやめたわけ。

インスタ、やってますか?

わたしはぼちぼちやっています。

始めてもう4〜5年は経ちますでしょうか。

ぼちぼちやってる程度なので、そんなにたくさんの写真をアップしているわけでも、フォロワーも多いわけではないけれども、たまに過去の写真を眺めてみると懐かしさもあったりなんかして、アルバムとしてはそれなりにいい感じになっております。

 

始めた頃は、相互フォローしているほとんどが知り合いだったこともあり、「見たよ」代わりに「いいね!」していました。

それってどうなん?という疑問も少なからず脳裏をかすめましたが、みんな写真もキレイでおもしろかったし、楽しんで「いいね!」していました。

まぁ、わたし自身がそんなに熱心だったわけではないので、思いついたときに写真をあげて、ついでにざっとタイムラインをみて「いいね!」を押すくらい、たいして負担ではなかったというのもあります。

 

そんな感じでゆるりとインスタライフを送っていたのですが、ある時ちょっとした変化がありました。

フォロワーの一人である友人が、犬を飼い始めたのです。

その日から友人のアカウントは、犬垢となりました。

犬しかあがらないのです。

それも可愛くて可愛くてしょうがないらしく、溺愛のあまり10枚くらい余裕で連投。

最近のインスタは1回で複数枚アップできるのですが、それはそれとして複数枚アップしつつの連投です。

それも1日数回。

 

断っておきますが、わたしは犬好きです。

飼ってはいませんが、飼うなら猫より犬派。

お散歩しているわんこに目を細め、できればお友達になりたいと思う程度に犬好きです。

 

友人の犬も可愛い。

可愛いのは可愛いですが、それでも、インスタを開くたびに同じ犬の写真を何枚も見なくてはならない状況に、わたしはおなかいっぱいになってしまいました。

何時に開いても、日をあけて開いても、まず友人の犬なのです。

今日はアップしてないな、と思っていても、3枚ほどスクロールすれば友人の犬が始まります。

可愛いよ、可愛いけどさ、さすがにちょっと、勘弁してほしい。

 

それでも友人自身が嫌いなわけじゃないし、つながりもあるから切るに切れません。

これがfacebookとか、Twitterとかならミュートして解決なのですが、どういうわけかインスタにはその機能がないので、友人のフォローを解除しないかぎりわたしのタイムラインは友人の犬色に染まったままなのです。

 

最初はまず、その友人への「いいね!」をやめました。

だって全然良くないんだもん。

あまり見てもないんだもん。

そのうちインスタを開くのも億劫になってインスタ離れし、最近ちょっと戻ってきたのですが、いちいち友人とその他のフォローを分けて「いいね!」するのもだるくて一切やめました。

だから今は、ヒマつぶしにざーっと見るだけです。

 

件の友人もさすがに落ち着いてきたのか、以前のような怒涛の連投こそないものの、相変わらず頻繁に犬写真をあげているので友人の犬は必ず目にしますが、悪いけど見て見ぬ状態でスルーです。

 

それにしても怒涛の連投とはいえ、なんでここまでおなかいっぱいになったかなぁ、他の犬垢の人もフォローしてるのにと思い、一度研究のため友人の一覧を見てみたところ、ちょっと理由が分かった気がしました。

犬が近いんです。

引きの写真とか、何か別のものと写ってる写真が極端に少なくて、顔アップ、おなかアップ、全開のあんよアップと、とにかくアップの写真が多い。

愛情が濃密すぎるよ…こんなに濃い愛情を濃縮して見せられたら、そりゃ早々におなかいっぱいになりますわな…とひとり納得したのでした。